水明会

水明会

先斗町歌舞会の代表的な行事のひとつ「水明会」は昭和5年3月15日に第1回目の公演がもたれました。 これはそれ以前にあった伎芸研究会として催されていた「長唄千代栄会」(明治40年2月発足)と「土曜会」(昭和2年9月発足)との両会が発展的併合したものであります。 その名も鴨川の清流にちなんで「水明会」としております。
当時は特別基準以上の伎量を有する芸妓のみで構成されていました。 昭和16年10月の第36回公演までは毎年3月、6月、10月の年3回の定期公演が続けられます。 当時は1枚の切符で年間を通して鑑賞できる「通し切符」も発行されていました。
戦後になり、昭和24年9月に復活され、28年までは毎年3月、9月の年2回公演がもたれます。 その後は年1回昼夜2部制が採用されましたが、平成11年より「秋の鴨川をどり」が廃止となったのを機にそれまで3月に行われていたものを10月に開催することとなりました。

水明会

公演情報

第103回 水明会 平成28年10月27日(木)〜30日(日)

公演内容

長唄 『雛鶴三番叟』
長唄 『水仙丹前』
清元 『芝居小曲集』
常磐津『靭猿』

公演日時

平成28年10月27日(木)~30日(日)
16:00時開演(開場30分前)

観覧料

指定席/8,000円、7,000円
自由席/3,000円 

チケット申込開始日時

平成28年9月1日(火)~

お問い合わせは下記まで

先斗町歌舞会
〒604-8003 京都市中京区先斗町三条下ル
TEL.075-221-2025